コンセプト

毎日時間に追われ、仕事に追われ、
煩わしい職場の人間関係や、家庭の問題、お金の心配や仕事の心配
SNSによる他人との比較に自分をすり減らし
それらのことに消耗しきって、
本当の自分の気持ちや、人生の目的さえもわからなくなっていく。。。

2020年の新型コロナウィルス感染拡大防止のため、
今まで経験したことのなかった
外出自粛や学校休校、在宅勤務。
先行き見えない不安の渦。
もう、元にはもどれないのではないか、
これからどうなるのか
精神的な疲労、お金や仕事の不安、
今までにないほどの非常なストレスが私たちにのしかかってきています。

自分軸で生きる

だからこそ、
周りや環境に左右されず、

いつでも「自分の力で平常心に戻り、自分軸で生きる」力が必要になってきている

と痛感しています。

ここで言う「自分軸」とは、
周囲の人や環境によって感情を乱された状態ではなく、
「いつもと変わらない穏やかな心」
を指します。

例えば、失業したとします。
その不安や動揺の感情を処理する方法として、多くの場合

誰かに愚痴は悪口、毒を吐く
必要でもない物を買う(買い物)
お酒やたばこ、ギャンブル
やけ食い

などなど。。。

いわゆる良くない習慣で、どうにかごまかそうとします。

そういった行動を繰り返していると
体調を崩し、気分が悪くなり、自己否定を繰り返し、
本当に進みたい道、本当にやりたいことからからどんどん外れてしまう。。。


それが、どうでしょうか。
どんな時でも、
どんなにストレスかかっても、
誰かにどんなことを言われても、
自分の力で、自分の心を瞬時に中心軸に戻せる力があったとしたら。

かなり人生が楽になると思いませんか?

周りに振り回されず、
いつでも自分の中心軸でいられれば、
いつでも頭の中は自分のやりたいことで満たされていれば、
人生はぜんぜん違うものになると思いませんか?

実は、私自身が、溢れ出るストレスの波にのまれ、
それを自分でコントロールできずに疲弊しきった経験があります。

消耗しきった脳と体では、仕事の効率が非常に悪くなったのはもちろんのこと、
職場の人間関係も、家庭も全てが上手くいかなくなり、負のスパイラルに入ったような状態でした。

だからこそ、周囲の人や環境に感情を乱されず、
もし乱れても自分の気持ちを安定させ中心軸に戻る方法を身につける重要性を、大切さを
本当に、本当に強く感じています。

心理学・脳科学

感情に振り回されず、平常心でいられるトレーニングには、
心理学や脳科学などの知識はとても有効です。
物事の考え方、捉え方によって、ストレスを軽減させることができます。
自分を楽にできる考え方を知識を持っておくとよいです。

カウンセリング

また、知識だけでなく、専門家のカウンセリングで話を聞いてもらうことも時には必要かもしれません。
他人からの視点で、客観的に自分の考えの癖に気づくことができます。

瞑想、マインドフルネス

ただ、これだけでは、限界を感じます。
知識も得ても、
他人からの指摘で自分の考え方の癖に気づいても、
修正すること、治すことが最も難しいのです。
「わかっているけど、できないのよね。。。」
「悪い習慣を辞めたいんだけど、辞められない。。。」

誰でも経験あると思います。

例えば、学生時代の勉強。

いくら親や先生に
「勉強しなさい、勉強は大切だ、勉強しないと良い大人になれない」などなど
いくら言われても、
自分でもしなくてはと思っていても、
なかなか本気で取り組めない。

これを解決する方法として

瞑想、マインドフルネス

が効果あると体感しました。

他の人から
「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」
というアドバイスが腑に落ちないことでも
自分の心の中からのアドバイスであれば、
自分の心の奥からの「気づき」であれば
素直に受けることができるのです。

瞑想中に、心の中からのアドバイスが湧き起こってくるのです。
これを
「気づき」
と呼んでいます。

人は、得てして他人から言われたことには抵抗を感じるものなのです。
心の底から納得できないと、
何かと言い訳して、やらないものです。

瞑想で、内観で、マインドフルネスで
自己対話を繰り返し、
本当の自分の気持ちを確認し
本当に自分に必要だと認識できると、
案外すんなりと行えるものです。

運動

メンタルヘルスに大きく加速をくれるものにとして
「運動」
があります。

運動の効果は、実は、様々でかなり多岐にわたっています。
単なる身体の健康を与えてくれるだけでなく、
その効果は絶大だと感じています。

特に、ストレス解消効果は、運動に勝るものはないのでは、
と思うくらいです。

2020年、感染防止のための外出自粛の時、
私は仕事もなくなり、ずっと自宅に閉じこもり
かなりストレスフルな環境となりました。
そんな中、実験のように、自宅でひたすら運動を試みました。
そして、その効果の素晴らしさを実感しています。
私が体感したものをざっと上げるだけでも

ストレス解消
精神の安定効果
気分を良くしてくれる
集中力アップ
脳機能の向上
疲労感の軽減
体力もメンタル力もアップ
瞑想と同じ効果

などなど、ほんと、素晴らしいです。

運動を取り入れることにより、
身体的健康とメンタル的健康の向上に加速がかかります。
非常に有効で、取り入れた場合と、取り入れない場合には歴然とした差が生じます。

ヨガについて


ヨガは約4千年以上前にインドで生まれた「心のコントロール」法です。
単なるエクササイズではなく、現代の心理学と通じる「心の在り方」の教えが詰まっています。
まさに、心理学と運動を合わせたメソッドが、4千年以上前から効果があることがわかっていたのですね。

100年ほど前からインドのヨガがアメリカで大流行し、
世界中でヨガがブームとなりました。

伝統的ヨーガの大衆化が起こり、商業化されることにより、一般的に普及していきました。
大衆化により、ヨガの洗練されたポーズばかり注目され、
心のトレーニングについては抜け落ちていった印象があります

ヨガポーズにこだわらない、新しいヨガの形


前述のように、
ヨガは「心のコントロール法」としてのメソッドは素晴らしいです。

ただ、無理と筋肉を伸ばす動きが多く、
身体を痛める方を多く見かけてきました。

そういった経緯からここyogatherapy では、
ヨガの原理を取り入れながら、ヨガポーズにこだわらずに
心と体の状態を客観的に観察、つまり「内観」を重視していきます。

「ヨガポーズにこだわらず、心と体の状態をよりよく知ること」

これを大切にしていきます。

お一人お一人の体力に合わせた運動を行いますので、
性別、身体の硬さ、年齢、体力問わず、どなたにでも行っていただけます。

食事


意外なところで、食事とメンタルは大きく関連しています。
いわゆるジャンクフードと言われるものは、
腸内環境を悪化させ、ひいては精神的にもイライラさせたり、
自制力を低下させることもわかっています。

逆に、精神を安定に寄与する食材も最近の研究でわかってきています。

こちらでは、そういったメンタル面における食事のアドバイスもさせていただきます。

自分の心をコントロールできるようになると

幸福感に包まれた最高の目覚めから、一日がスタートする
日中は目の前の仕事に集中し、充実の時間を過ごす
残業はほとんどしないため体調はいつも万全だ

夜は、ほどよい疲労感とともに眠りにつく
余計は悩みや心配もなく、焦りや嫉妬もない

体は軽やかで、肩こりや腰痛ももちろんない

姿勢もよく、自信があり、堂々としている

ストレスやトラブルにも強い
「自分は問題を解決できる」というメンタルの強さが
そうさせているのだろう

他人からの評価や言動に振り回されることもない。
何を言われても、冷静でいられる。

こんな理想的な自分を
誰でも、心のトレーニングを習慣にすることにより
手に入れることができます。

理想への第一歩を、思い切って踏み出してみませんか?

相談やお問い合わせ、ご依頼など
お気軽にメッセージください。

» お問い合わせ

不安・ストレス解消セッションで、ヨガを習慣にして理想の自分へ

  1. アンチエイジング

    アンチエイジングに効果的な方法【実体験】
  2. マインドセット

    幸せになる宣言をしよう!【2020年】幸運を呼ぶ2つのステップ
  3. メンタルヘルス

    コロナ禍で乱れた気持ちをなんとかしたい!「いつもの自分」に戻す4つのステップ
  4. メンタルヘルス

    ストレスを生み出すカラクリ【ヨガの教えから読み解く】
  5. ヨガの効果

    ヨガを続けて感じたココロの変化のその科学的根拠【実体験から語る】
PAGE TOP