コース

個人用と、法人・施設用として、次の5つのコースがあります。

個人用

不安・ストレス解消セッション

アンチエイジング セッション

法人用

オフィス出張ヨガ

オフィスストレスマネジメント研修

オフィスマインドフルネス研修

ヨガの種類

筋トレ×ヨガ

~こんな方に~
体力は人並み。筋力アップを図りたい。
体が硬いので一般的なヨガポーズに抵抗ある。

一般的に広まっていて、どなたでも出来る

スクワット
プッシュアップ
ランジ

等を行いながら、内観していきます。

HIIT×ヨガ

~こんな方に~
体力に自信があり、より運動負荷を高めたい。
体脂肪を落としたい。
忙しいので、短時間で済ませたい

「HIIT」、和訳すると、高強度インターバルトレーニングです。

どのようなものかというと、

「全力で運動する」と「少しの休憩」を交互に数分間繰り返す方法。

心拍数を最大限あげ、「ゼーゼー、ハーハー」していると、
頭の中でごちゃごちゃ考えられなくなり、
終わった後、スッキリとした爽快さがあります。

実は、この筋トレと有酸素運動を組み合わせた運動が、
細胞レベルで若返ることが、最近の研究で分かっています。

ヨーガセラピー(ヨーガ療法)

~こんな方に~
体力なく、あまり動きたくない、けれど、筋力をつけたい

上記筋トレよりも負荷が低い
「アイソメトリック」という方法を使います。
これは、伝統的インドのヨガのやり方で、
どなたでも、体を痛めることなく、安心して行えます。
イスに座りながらも行えます。

ハタヨガ

~こんな方に~
一般的なヨガポーズを行いたい
ヨガポーズに慣れてる

一般的なヨガポーズを行いますが、
あまりポーズの美しさや完璧さは求めず、
内面の観察を重んじて、瞑想しながら行っていきます。

そもそも「ヨガ」とは


ヨガは約4千年以上前にインドで生まれた「心のコントロール」法です。
元々は、長時間、胡坐座をして瞑想するための体力をつけるために運動、つまり、ポーズ(サンスクリット語で「アーサナ」と言います)を行っていました。

安定していて快適なアーサナを取りながら、心と身体の状態を客観的に観察していくこと、つまり「内観」を目的としています。
もともとアーサナは「座る」つまり座法のみでした。
そこから発展して、ポーズをとりながら行う現在のやり方に発展していきました。

今、世界的に流行しているヨガは、インドのヨガがアメリカで商業化して広まったと言われています。
洗練され、美しいポーズがハリウッドセレブの間で流行し、そこから世界的に広まりました。

私の師匠は、インドのヒマラヤで、現地のヨギー(ヨーガ行者)について、長い間修行を行っていて、日本に帰って来た時に、あまりの違いに驚いたそうです。

なぜ、ヨガのポーズにこだわらないのか

ということは、今流行しているヨガのポーズや柔軟性の必要な難しいポーズでなくても、十分効果が得られるということです。

そして、私が心痛めているのは、今のポーズは柔軟性がない人にとっては体を痛めやすい、という点です。

ヨガの本来の目的は、「心と体の状態をより知ること」

また、ポーズの形状の美しさを競うように、難しい困難なポーズができたほうがヨガ上級者という考え方にも、
本来の目的を見失ったような印象を感じていました。

ヨガポーズにこだわらないヨガの形

「今、流行している体を痛めやすいポーズを使わずに、ヨガが出来ないだろうか?」

こんな思いから、違った形を考え始めました。

あくまで自分の心身を観察することが目的。
今、流行っているポーズでなくてもいいはず。

運動効果の素晴らしさ

ストレスマネジメント、という面から考察すると、
運動がとても優れていると実感します。

私自身感じる効果として

ストレス解消
疲労回復
体力アップ
集中力アップ
脳機能アップ、
モチベーション、やる気アップ

そして、何より素晴らしいのは、

アンチエイジング(老化防止)

です。

これは、科学的にも証明されています。
筋肉へ負荷をかける運動、いわゆる、筋トレには、
アンチエイジングホルモンの代表である「成長ホルモン」の分泌を促す効果があります。

そして、有酸素運動など心拍数を高める運動は、心肺機能を向上させてくれます。

動く瞑想

そもそもヨガのポーズ、つまりアーサナは、
動きながらの”瞑想状態“で内観していくものです。

自分にとってやりやすい動きであれば、決まったポーズでなくてもいいはず

であれば、筋力をアップさせ、アンチエイジングに効果ある運動を取り入れれば、
さらなる効果を高められる。

そのような考えから、上記4つのヨガの種類を設定しました。

これであれば、
性別や年齢、体力、柔軟性に関わらず、
どなたでも、安心して行っていただけると確信しています。

まとめ

全てのコースについて
Yogatherapyの考えは
ヨガのアーサナ(ポーズ)は、美しさ、完璧さを競うものではなく、
あくまで、少し体を動かしながら、「自己と向き合う」ことを目的としています。
いずれかの動きを行いながら、
「内観」へのステップ

目を閉じ
身体の感覚に意識を向け
呼吸の感覚に意識を向け
心の状態を観察

これらを行っていきます。

毎日のヨガで、より自分との対話を増やしていくと

自分の感情や心、状態がわかるようになって、
乱れた時に自分で調整でき、自分軸に戻ることが出来るようになります

  1. ヨガの種類

    「ホットヨガ」って、どうなの?【実体験から語る】メリット、デメリット
  2. 未分類

    ストレスを生み出さない4つのステップ【ブッダの教えから読み解く】
  3. メンタルヘルス

    他人との比較で落ち込む癖を直す3つのステップ【ストレスマネジメント】
  4. 不調改善

    肩こりや腰痛 改善するために必要なこと
  5. アンチエイジング

    外出自粛はストレスフル!ストレスによる老化を防ぐ4つのポイント
PAGE TOP