体験談

疲労しすぎて倒れた私が、毎日ワクワクして過ごせるようになった経緯

今でこそ、ヨガイベント開催することにワクワクし、
楽しく過ごせている私ですが、
実は、少し前、疲れ果てて倒れた経験があります。

今回は、そんな私の実体験をお話ししていきます。

本記事のテーマ
疲れすぎで倒れた私が、嘘のように元気になった経緯

この記事を書いてる私は、事務系公務員から、各種施設でメンタルヘルス対策向けヨガ教師、
ヨーガセラピストとしてカウンセリングや
スポーツジム等でヨガ・ピラティスインストラクターをしています。
公務員時代は、仕事に追われ、時間に追われ
いつも、疲れていて、焦っていて、自分を受け入れられない、
そんな日々に苦しんでいました。

それが、ヨガと出会い、習慣にするうちに、
嘘のように毎日すっきりと体調良く、気分も明るくなりました。
引っ込み思案で、自分に自信が持てず写真嫌いの私が、
ヨガイベントを次々と開催し、SNSで自分の写メをアップしまくっていることに、
昔の私を知っている多くの人が、かなり驚いてます。
では、なにがここまで私を変えることができたのか?

以前の私のように、ここまで酷くなくても、疲労に悩んでいる方の参考になれば、という思いで執筆します。

以前の私の状態

常に「不安感、心配感」

公務員として働いていた頃、
謎にいつも理由のない焦り、不安、心配感がありました。
フルタイムで働きながら、家事、育児に追われ、時間の余裕もありませんでしたから、

遅刻する!
早く用意しないと!
定時までに仕事が終わらない!
子どものお迎え間に合わない!
早くご飯作らないと!

常に何かに追われている感覚がありました。

効率性重視、無駄が嫌い


時間に追われて、心の余裕がなかったため、
効率性を求め、無駄なもの、省けるものは、全て排除しようとしてました。

趣味は無駄
友達と会うことも無駄
家族との旅行さえも無駄
休養は不要

大袈裟なようですが、毎日1分、1秒を争うような気持ち。

だから、リラックスするとか、昼間体を横にするとか、
体を緩めることに、
抵抗感や罪悪感がありました。

今でこそ、毎日、リラックスすることがいかに大切かを説明してますが、

少し前の私は、リラックスすることに意味を見いだせず、
そんな非生産的なことなんて、必要ないと思っていたし、
当時の私がヨガをしてリラックスし、体の力みが取れると、
だるくなりすぎて、動けず、不快感すらあったんです!

心のスピードが速い人は、リラックスは逆に不快に感じられるのかもしれません。

自分を責め立てる「頭の中の声」


今から思うと、いつも頭の中で自分を責め立てるような単語が
永遠と繰り返されていたような気がします。

「もっと早く!
もっとしっかり!
もっと頑張らないと!
このままでは、だめだ!
何でいつも私はダメなの!
楽しちゃダメ!
甘えてはダメ!・・・・」

こんな感じです。

謎に繰り返される、自分を責め立てる頭の中の声で
私は、いつも緊張し、自分を否定し、焦っていました。

自己肯定感が低い

「このままでは、だめ」
この思いが強くて、自分を受け入れることができませんでした。
自信がなく、何かに怯え、
人間関係も苦手でした。

疲労し、倒れた

このような心理状態で、仕事・家事・育児に追い立てられる毎日を送っていたら、
どうなったかというと、

ひどい疲労感
ひどい肩こり、全身のこり
頭痛
吐き気
胃腸が重い
副鼻腔や気管支がいつも炎症をおこしている
杭縛りがひどく、歯が割れる

歯が割れるって、驚きではないですか?
ストレスがマックスになると、無意識に噛みしめすぎて、
硬い歯でさえも、ひびが入るんですよ~

気持ちの面では

不安、焦り、イライラ、空虚感、落ち着かない
いつもスマホを見てしまう
何か満たされない
自己否定

そんな状態で、

どんなに疲れて、辛くても、
頑張って、
頑張って、
頑張って、、、、

突然、体が動かなくなって、倒れたのでした。。。 😥

 

最も私を苦しめていたもの

今から振り返ると、
ここまで私を追い詰めていたものは、

「頭の中の自分を責め立てる否定的な声」

だったように思います。

理由なく、自分を責め立て、否定する。

それらの考えで、いつも頭の中を埋め尽くされてることさえも気づかずに。
こんなに焦り、自分を否定する必要ないことさえも、気づかずに。

意外と、こんな状態に陥っている方、多いのではないでしょうか?

否定的な声に気づくきっかけ

そのことに気づいたのは、

「目を閉じて、呼吸や体の感覚に意識を向ける」

そんな時間を作るようにしたことがきっかけでした。
これは、私はヨガというツールを使いましたが、

恐らく世の中では

瞑想、マインドフルネス、
書道、華道、弓道といったもの
ただ走る
ただ料理に集中する
ただスポーツに集中する
ただ音楽に集中する

こういったことを通して、意識を内側に向けている方も多いと思います。

否定的な声が減ると、どうなるか

目を閉じて、意識を内側に集中させる。
体の力をゆるめ、リラックスして、静寂な時間をとる。

これによって、頭の中を駆け巡る自分を責め立てる声が静かになったのです。

焦りや、不安が減り、
このままで大丈夫、という理由のない安心感が沸き起こり、
元気が出てきて、
やる気が出てきて

毎日、ワクワクするようになってきました。

自分が嫌い、という気持ちが和らいできました。

まとめ

無意識に、毎日毎日、ほぼ同じような不安感、心配間、罪悪感の単語を
頭の中でぐるぐると繰り返し、
毎日呪文のように唱えているから、それが真実のように感じられ、
その頭の中で自然発生的に沸き起こってくる単語によって、ストレスを感じている。
ストレスレベルが上がれば、上がるほど、
体調が悪くなり、疲労していく。。
 

今、もし疲れて辛い状態だったとしても、
だれでも、意外と簡単にその状態から脱することができます。

一緒に第一歩を踏み出しませんか?
あなたの心の安定をトータル的にサポートしています。

相談やお問い合わせ、ご依頼など
お気軽にメッセージください。

» お問い合わせ

 



関連記事

  1. ヨガの効果

    有酸素運動などにはまる理由

    今でこそ、毎日習慣のようにヨガをしている私ですが、実は、、、少…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 幸福論

    運が良くなる方法【ヨガで開運!?】
  2. マインドセット

    【感情コントロール】ココロを落ち着かせるトレーニング4つの方法
  3. マインドセット

    創造性を上げる!直観力を上げる、シンプルな実践法
  4. ヨガの効果

    ヨガを続けて感じたココロの変化のその科学的根拠【実体験から語る】
  5. マインドセット

    感情を抑えることって、そんなに大切?
PAGE TOP