ヨガの効果

ゾーンに入るには【最高のパフォーマンス状態】

「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか?最近、TVのスポーツ番組や、雑誌、人気マンガなどでも、この言葉が使われることが多くなってきました。「ゾーン」とは、集中力が極限まで高まって、他の思考や感情、周囲の風景や音などが意識から消えて、感覚が研ぎすまされ、活動に完璧に没頭している特殊な意識状態のことです。
本記事では、ゾーンに近づく方法を解説いたします。

この記事を書いている私は、20年近く事務系公務員をし、仕事・育児・家事で自分の持っている能力と時間に対して、こなすべき仕事の量が多すぎて、焦り、混乱、疲弊し、仕事効率ダダ下がり状態を経験しました(笑)。ヨガに出会い、心を整えて集中力を高めることがいかに大切かを痛感。ヨガ効果の素晴らしさに感動・魅了され、ヨガの奥深い世界を探求してみたくて、公務員を退職。現在、各種施設でメンタルヘルス対策向けヨガ教師、及び複数のスポーツジムやヨガスタジオでヨガインストラクターをしています。

「ゾーン」とはどういう状態か

「ゾーン」とは何か

ゾーンは、リラックスと集中が極まった状態であり、ミリ単位でダイヤルがピタッとはまった精神状態です。寸分の狂いも許されません。
一流のスポーツ選手は、世界レベルの試合などで「ゾーン」に入る経験をすることがあります。そして、超集中状態でプレイすることで、圧倒的にハイレベルなパフォーマンスを発揮することが可能となります。「ゾーン」に入ると、ボールや人が、ゆっくり動いて見えたり、止まって見えたり、時間感覚が歪むことがあると言われます。また、野球やテニスボールが、スイカくらい大きく見えることもあるそうです。
「ゾーン」に入ることで、あなたは、特別な感覚を味わうことができ、圧倒的な結果を出すことも可能になります。

具体的にどんな感覚か

・極限の集中力を発揮できる
・脳が研ぎ澄まされる
・一瞬で適切な判断ができる
・心と体が完全に調和し一体化して、自然に体が動く
・恍惚感、多幸感、ワクワク感を感じる
・痛みや苦しみ、ストレスから完全に解放される
・リラックスしているのに、集中している
・思い通りに物事が進み、負ける気がしない
・最高のパフォーマンスを発揮できる
・信じられないようなスピードで仕事がはかどる
・最高の気分、絶好調の気分を感じられる
・疲労を感じない

科学的に解明されつつある

近年では脳波の周波数領域、つまり、覚醒レベルからゾーンを科学的に解明しようとするアプローチがされるようになってきました。そして、感覚的には
・精神的にリラックスしている
・肉体的にリラックスしている
・現在に集中している感覚
といえます。

ゾーンに入ったときの脳の現象

「ゾーン」に入るという現象には、「βエンドルフィン」という脳内ホルモンが影響していると言われています。
人間の脳の前頭葉には、A10と呼ばれる神経があり、大きな試合などで過度に緊張したときや、強烈なプレッシャーを受けたとき、「アドレナリン」を放出し、「戦闘態勢」に入ります。
そして、さらに興奮すると、それを鎮めるために、βエンドルフィンという覚醒物質が放出されます。これは、モルヒネの6.5倍の鎮痛作用があるといわれる物質で、「痛み」を「快感」に変えてくれます。これが放出されたときが、「ゾーン」に入った状態と言われています。
βエンドルフィンというのは、身体のリミッターを外して、ある一つのことにだけ集中させて、いつも以上の力が出せる状態にします。そして、このとき、時間が止まったかのような「時間感覚」の歪みを覚えるのも、研ぎ澄まされた感覚や、恍惚感、多幸感を抱くのも、この物質が影響しているためです。

「ゾーン」に入るには

ゾーンに入る「キーワード」は・・・

ずばり、
「リラックス」 と 「集中」です!
リラックスさせることにより、脳波がアルファ状態に入ります。

「今」に集中

「ゾーン」に入るために最も重要なことは、「今」の意識を持つことです。これは、余計なことをあれこれ考えずに、今、目の前のことだけをするということです。
現在、「今」を意識する方法として、一般的に有名なのはマインドフルネスです。このブームの背景には、様々な研究機関によるエビデンスの確立と、グーグルやインテル、ツイッターなどの世界的大企業が従業員のパフォーマンス向上プログラムの一環として採用したことがあります。
近年では、継続的なマインドフルネスの実践により、脳を鍛え、脳の構造を変え、心の働きを正常化させる働きがわかってきました。筋トレにおける筋肉のように脳が肥大すること証明されています。

呼吸

そして、とても大切なのが「呼吸」です。ゾーンに近づくためには「リラックス」。ゆっくりとした深い呼吸をすることで、「セロトニン」という、精神を安定させて幸せな気分にしてくれる脳内物質が分泌され、リラックスした状態になります。
リラックス効果の高い腹式呼吸を、鼻からゆっくり息を吸い込み、丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。つぎに、お腹をへこましながら、口からゆっくり、吐き出します。
近年、科学技術の発達により、5秒で吸って5秒で吐く呼吸法が最も効果があることがわかってきました。科学的に証明された理論的にゾーンに入る方法を、ぜひ、お試しください。

まとめ

近年の研究により、科学的にいかなる状況でも高いパフォーマンスを発揮できるメンタルの鍛え方がわかってきました。
次回は、4千年も前から行われていたヨガが、最先端科学で最強のメンタルを鍛えるメソッドであることが証明されつつあることを説明します。

オンラインヨガで、あなたの心の安定をトータル的にサポートしています。

相談やお問い合わせ、ご依頼など
お気軽にメッセージください。

» お問い合わせ

 



関連記事

  1. メンタルヘルス

    【ヨガの効果】感情コントロール力が高まる

    イライラすることや悲しいことがあったとき、つい、態度に出てしまって…

  2. コロナウィルス対策

    ヨガが不安・ストレス解消に効果的な理由

    新方コロナウィルスの感染拡大は、私たちの生活を大きく変化させることにな…

  3. ヨガの効果

    【風邪・インフルエンザ対策に効果的!】免疫力アップさせる方法

    風邪やインフルエンザにかかりたくない。一般的な予防法といわれる、手…

  4. メンタルヘルス

    ヨガの効果【なぜ体の感覚に意識を向けることが大切?】

    「呼吸や体に意識を向けましょう」ヨガをされたことがある方は良く聞く…

  5. ヨガの効果

    ヨガの効果って、どんなこと?【呼吸】から得られるすごい効果

    「ヨガの効果」ってどんなこと?ストレッチ効果しか思い浮かばないけど…

  6. マインドフルネス

    休んでも疲れが取れない…【脳疲労かも】

    「週末、あんなにダラダラ休んだのに、月曜の朝からなんとなくダルい」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 幸福論

    【幸せになる】良いことづくめな2つの習慣
  2. マインドセット

    【感情コントロール】ココロを落ち着かせるトレーニング4つの方法
  3. ヨガの種類

    ヨガセラピーって、なあに?
  4. マインドフルネス

    Google社も採用するマインドフルネスとは?その効果とお勧めする3つの理由
  5. マインドセット

    幸せになる宣言をしよう!【2020年】幸運を呼ぶ2つのステップ
PAGE TOP